繊細ラボ

HSPというギフト

HSP関連あれこれ・・

MENU

HSPとは

 HSPって何?

誰でも思春期の頃はとても多感な時期を経験するが、大人になっても内気で恥ずかしがり屋で敏感で傷つきやすくて、そのことで生きづらさを感じているとしたら、あなたがHSPだからかもしれない。

HSPー。Highly sensitive personの略で、日本語に直せば、 「敏感すぎる人」です。

HSPは、アメリカの心理学者、エレイン・N・アーロン博士が1996年に自著の『The  Highly  Sensitive  Person』(邦題『ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。』講談社刊)の中で提唱した概念です。

出典 長沼睦雄(2018)『大人になっても敏感で傷つきやすいあなたへの19の処方箋

 

HSPは病気でも障害でもない

アーロン博士によると、HSP は どの 社会 にも 人口 の 20 % の 割合 で いる こと。

 つまり 5 人 に 1 人 の 割合 で存在し、

そしてなんと人に限らず、霊長類、犬や猫、鳥 さらに、魚やコバエなど

100種類以上の動物にも一定の割合で見られる気質ということ。

 

f:id:change-oneself:20200210232043j:plain

 5人に1人いるとても敏感で繊細な気質

5人に1人と聞けば、意外と多いと感じる?

学校の教室の中で言えば、40人いる生徒の内8人ぐらいがHSPということになる。

しかし、その他の30人ちかくは非HSPということになり、やはり自分のような人達は少なく感じるかもしれない。

 

とはいえ、周りをよく観察してみると、とてもシャイで控えめだけど、誠実で優しいあの子や、引っ込み思案で気を使ってばかりいるあの人も、実は自分と同じタイプかも?とだんだん見えてくるかもしれない。

 

私も自分がHSPと自覚するようになってから、周りの人たちをよく観察するようになった。

 

世の中には色んな個性の人がいて。

明るくて自信たっぷりで多くの人と交友する社交的な人もいれば、

とても落ち着いていて誰に対しても柔和に接するけど、進んでは社交しない人。

笑顔で挨拶をきちんとするけれども、とても大人しくあまり誰とも話さない人。

いつも身なりが小綺麗できちんとしているけれど、挨拶すら避けてなるべく目も合わせないような人。。

 

人それぞれ育った環境も違い、それぞれに価値観もコミュニケーションの方法も違うものだけど、でもそんな様々な人たちをHSPと非HSPという大きな括りに分けてみるのは意外と簡単かも。

 

HSPは少数派

そうやって確実に存在するのに、少数派ゆえに肩身のせまいHSP。

 

非HSPからすれば、人を避けるようにひっそり生きるHSPは理解しにくいらしい。

「なぜ?」

「友達いないの?」とか、

「休みの日は何してるの?」

「何が楽しいの?」

と好奇の目で見られたりする

ひどい場合は「ぼっち」だとか変な人と噂されてしまうことまであるかも。

 

5人に1人といえど、やはり少数派には違いないので、大半の人がHSPの感覚がまるで理解できないということになる。

無理もない。

 

自分はその他大勢と違う感覚を持っているかもしれない。。

と何となく気付いてきてはいても、少数派ゆえに自分が変なのだ、病気なのかも?・・と自身を否定してしまうHSPも多いだろう。

 

しかし、それは間違いだ。

社交的な人が社交的にしか振る舞えないように、内向的な人は内向的にしか振る舞えない。

これは生涯変わることはない。(たとえHSPが、必要最低限のコミュニケーション能力やマナーを身につけた大人に成長していても)

 

それはA型の血液型の人が一生A型であるように、B型はB型であるように努力で変われるものではなく。

生まれ持ったHSP気質も同様に。

 

f:id:change-oneself:20200211082238j:plain

 

HSPは病気でも障害でもない

あなたが弱いせいでも、甘えているわけでも根性が足りないわけでもない。

自分を責める必要は一切ない。

HSP気質に生まれたあなたは、何も間違っていない。

生きづらいことは多いが、そのままの自分でいいのだということをまず知ることで、少しは楽になれるのではないだろうか。

 

 

Copyright ©繊細らぼ All rights reserved.
プライバシーポリシー お問い合わせ