繊細ラボ

HSPというギフト

HSP関連あれこれ・・

MENU

HSPの工夫④

f:id:change-oneself:20200903102301p:plain

HSPは人から嫌われるのが怖い!?

HSPの人は基本的に人に嫌われるのが怖い。

そのため、できるだけ迷惑をかけないよう気を遣ったり、周りの空気を読みながら細心の注意を払いながら日々暮らしている。

それは自他の境界線が薄いためだったり、

自尊心の低さや自信のなさでもあるし、

マイナス思考であったり、普通でありたい、目立ちたくない

という超内向型の気持ちからかもしれない。

いや、何より日常の様々な刺激にいちいち反応して動揺してしまう気質からだろう

対人場面でいちいち動揺して、いちいち神経が興奮する状態が繰り返されることが、そもそもHSPを引っ込み思案にさせてしまう結果なのかもしれない。

HSPが対人的にとる態度や特徴

HSPの人は他人から軽く見られたり、舐められることにはもう慣れっこで仕方ないと許容できたとしても、人から嫌われたり、自分が攻撃の対象になるのは耐えられないことなのだろう。

誰でも嫌われるより好かれたいと思うものだが、HSPのそれは 度を越してしまっている。

自我境界の薄さも関係し、自分がどう思うかよりも他人にどう思われるかの方を優先してしまいがちだ。

また嫌われたくない、否定されたくない、文句を言われたくないと思うだけでなく、人から気に入られたいとも思っているので、ほとんど無意識に自動的に以下のような態度や思考をとっている。

 

・他人の評価が気になる

・人からどう思われるかが気になる

・言いたいことが言えない

・自分の意見や主張を言えない

・嫌な時もNOが言えない

・断るのが苦手

・やりたいようにやる事に罪悪感を感じる

・お人好し

・いじられたり、からかわれたり嫌味を言われても言い返せない

・自分よりも人を優先する

・相手が喜ぶようなことを言おうとする

・腰が低い

 

傷つきやすくて繊細なHSPが自然とこのような態度や思考になってしまうのもわかる。

 

HSPはあえて逆の態度をとる!?

ではこのような、HSPの人たちが普段の対人場面でとってしまう行動や思考とは真逆のことをやってみてと言われたらどうする?

また自分にどんな変化が起こるだろう?

まずわかりやすいように上記の態度や思考を真逆に変えてみる。

 

・他人の評価を気にしない

・人からどう思われても気にしない

・言いたいことが言える

・自分の意見や主張を言える

・嫌な時はNOが言える

・簡単に断ることができる

・やりたいようにやる事に罪悪感を感じない

・意地悪でしたたか

・いじられたり、からかわれたり嫌味を言われたら言い返す

・人よりも自分を優先する

・相手が喜ぶようなことは言わない

・傲慢

 

 どうだろう。

HSPの人はこれが実行できそう?

ありえない、そんなことできない・・とまず思ったのではないかな。

そして実行している自分を想像するだけで、心臓がドキドキしてくる?

『ありえない、ドキドキしてきた』と感じたあなたはHSPの可能性が高い(笑)

 

HSPの脳を持ちながらこのような行動や思考をしていくことは確かに難しいことかもしれない。敵を作りたくないし、人ともめたくないし、平和に過ごしたいから。

私もとても苦手だし未だにできないことばかりだ。

でも、『HSPの工夫①〜③』の記事で書いたようなことをしている時に限っては、意外とこのような無愛想で人目を気にしない態度をとれているから不思議だ。

 

例えばマスクをしている時、視力を落としている時の私がそう。

マスクをしてる時はなぜか無愛想でいられる自分がいる。

眼鏡を外している時の自分は、いつもの自分より堂々としていて、リラックスしている。

周りの目や外界の刺激を怖がらずに目的を達成できたりする。

仕事中もそう。

マスクをしている時は周りを気にせず目の前の業務に集中できるし、

対人場面でも目の前の相手をある程度無視することができる。

普段は沈黙に耐えられず、無理に話題を作って自分から話してみてはとんちんかんな事を言って気まずくなったりするけど(笑)

マスクをしている時や視力を落としている時は、相手の表情や視線がわからない、もしくは自分の表情も相手にわからないであろうことから、自分が用もないのに話題を作ってまで場を和ませようとも思ない。

相手も自分もお互いに、目の前の自分の用事や仕事に集中しているだけだ、これで良いと感じられる。

沈黙を楽しめるほどだ。 

 そして実験的にマスクや視力を落としてて過ごす時間を作るうちに、だんだんあることに気が付いてくる。

明らかに自分の内面にも変化があるということを。

自分の周りを気にしていない態度に引っ張られて、自尊心もいつもよりあがっていることに気付く。

 視力を落として色々見えない⇒他人の視線や反応も見えない⇒他人の視線や反応が気にならない自分(の態度)⇒周りを気にしない自分⇒一番大切なのは自分自身。

という図式になるらしい。

周囲の刺激に鈍感だと、自然なふるまいや堂々とした態度やその場に居続けることが容易になる。

そして、そんな態度にひっぱられるように内面も、自分に少し自信を持てるようになったり自分を好きになれていたりと、自尊心もあがっていることを感じる。

自分で自分を快く感じている。

 逆に見えすぎている時のいつものHSPは

刺激が多すぎる、動くものも人も音も気になってビクビクする、眩しふぎる、刺激が多すぎてドキドキしてしまう、動揺しまくる、人の視線も表情も反応もよく見える⇒全部が気になる⇒外部のことが気になってしかたない(という自分の態度)⇒自分のことよりも外部ばかり気になる⇒私は自分自身より外部のことや評価が大事と思っている。

といった具合に。

 

これを実験的にやってみるにあたり、参考にしてほしい本がある。

池田潤 無愛想のススメ~より抜粋

 

自分の内側に変化を起こすために無愛想になってみるのだ。外側の現実的行動をそうやって変化させていくことで、だんだん内面の自己認識に変化が起こってくる。セルフイメージや自己概念が上がってくるのだ。

出典 池田潤(2016) 『無愛想のススメ~ 人間関係が劇的に改善する唯一の方法』 株式会社光文社

 

 

 池田潤さんの本は、HSPの価値観を大きく変えてくれるお薦めの一冊。

知り合いだけでなく店員さん相手でも愛想をふりまいてしまうほど、小心でお人好しな人間になってしまっていた私には、この本は衝撃だった。

無愛想な表情や態度をとっても構わないのだと思えるようになり、その意味や必要性、心の仕組みがとても分かりやすく書いてあり、また具体的なやり方も書いてあるので、とても参考になる。

私にとってのバイブル的一冊。

確かに長期的に見て、これを継続して実行したからと言ってHSPが非HSPになれることはないが。。

それでも何が言いたいかと言うと、HSPのあなたが弱いわけでもだめなわけでもないということ。

 

自信があるように見える周りの人と自信のない自分との違いは内面ではなく案外、外的なことかもしれないよ・・。

 

自信や自尊心なんかは実は態度や体にひっぱられている部分がとても大きいということ。

脳機能的に刺激に敏感で常にビクビクしているHSPが自信を失うのは、自分がダメだからでも弱いからでもなく。

刺激に対して敏感に反応して構えているうちに内面もそのようにひっぱられているのではないか・・

そんなことを思った。

 

それでも、マスクもせず視界もクリアな状態で堂々と何でもできてしまう非HSPの人たちをすごいな、羨ましいなと思わずにはいられない。

そんな私はやっぱりHSPなんだと思う・・。

 

Copyright ©繊細らぼ All rights reserved.
プライバシーポリシー お問い合わせ